1155 fan!

掃除機(ハンディクリーナー)をつくりました!(扇風機のモーターを使った実験)

【2019/7/6モネスク教室風景(土曜サイエンスアートクラス)】

今回のサイエンスアートクラスでは、「掃除機(ハンディクリーナー)」をつくりました!
掃除機なんてつくれるの?と思いますが

ハンディファン(持ち運び扇風機)を利用して作れるのです!

まず吸い込む力をつくる為、扇風機の回転を反転させます。

電池のプラス・マイナスを通常の向きと反対にセットすることで
扇風機羽根の回転を反転させ、逆向きの風の流れをつくります。
これが吸い込む力になります。
扇風機を、ドライバーを使いねじを外して分解します。


右上の金具をとりはずして、枠の外にでるようにセットします

左下の金具のみとりはずして、こちらも枠の外にでるようにセットします
こうすることで、電池の(突起のない)マイナス極側にもきちんと
金具が接触させ、電気の流れをつくります。

この時スイッチは引き出してだしておきます。

*電池はプラスマイナスそれぞれ逆にセットして、羽が反転して回るか確認します。
カバーを取り付けます。(ねじを2つ取り付けます)

これで掃除機の(吸い込む)動力が完成です!

本体をつくります!
穴をあけたペットボトルに扇風機をセットします
(扇風機のサイズにカットしました)
布テープで、扇風機が動かないように固定します。

掃除機に欠かせない「フィルター」をつくります
水切りネットを適当なサイズにカット、布テープ(ビニールテープ)
でさらにしっかりと固定します。

掃除機の吸い込み口をつくります。
ペットボトル注ぎ口側をカットして、掃除機の吸い込み口として使用しました。

カット面に布テープ(ビニールテープ)で断面をテープで巻きます
(手をきらないように保護と、ごみを取り出す際に摩擦の補強)
本体に取り付けやすいように、4辺切込みを入れます。

マスキングテープなどでデコレーションもしました!

いよいよ手作りハンディクリーナーの完成です!

ティッシュなどで吸い込み実験を行いました!
薄手の紙なら十分に吸い込むほどの威力になりました!

生活の中にあたりまえのように存在する家電製品
構造は一見複雑そうですが、実際につくってみることで
基本的な仕組みを知るきっかけとなりました!

【モネスク教室レッスン10~11月ご予約受付中です!】

*クリックすると拡大画像をご覧いただけます

 

《モネスク・オリジナル制作キット》をご自宅までお届け!「ZOOM」を使用し
  ご自宅のパソコンやタブレットを使って制作を楽しんでいただけます♪
ふだんのモネスクのご予約方法(LINE@・電話・メール)でお気軽にお問い合わせください♪

【オンラインレッスンチケット購入】はこちら

 

 

【感染症対策のご協力お願いいたします】(8/1更新)

マスク着用の上参加ください

入室時、手指のアルコール消毒をお願いいたします。

●混雑緩和の為、お釣りができるだけでないよう(封筒などに入れて)

事前の会計ご準備ご協力お願いいたします。

●レッスン中も換気を行っております

●ドアノブ、スイッチ、手に頻繁に触れる個所はレッスン毎消毒いたします。

●講師もマスク着用の上、検温を毎日行った上レッスンを開催しております。

(体調に異変がある場合は、レッスンを中止させていただきます)

 

モネスクご予約お問合せは、簡単スピーディーな【モネスク公式LINE@】がおすすめです♪
その他「電話」「メール」でもご予約可能です!

モネスク公式LINE@お友達追加はこちらから!↓

友だち追加

TEL:06-6948-8969
MAIL:info@shop-monette.com
mobile:090-3974-9921

モネスク講師:上坂(コウサカ)まで

「モネスクHP/モネスク通信」では、過去の教室風景やカリキュラム内容の更新を行っておりますのでぜひご覧ください♪